移転価格税制や遺産相続などは税理士に相談|プロに聞こう!

弁護士

遺言を作って決めておく

勉強

川越の土地や不動産を相続する際には川越の司法書士や税理士、あるいは弁護士といったい事務所で遺言書を作成していると遺志を明確にすることができて良い方法だといえます。相続人の決定は財産を所有する人が亡くなった後でも行なうことができますが、これが明確になっていないと財産の分配が上手くいかないこともよくあります。遺言書を書くためには資産のことも当然調べますので、思わぬところに資産や負債を発見することもあります。これが亡くなった後に処理されるとなると混乱を招くのは当然のことであると想像できます。そのため、事前に資産のことを調べ、遺言書を作成し、相続人を決めておくことはとても大事なことなのです。川越ではこの相続のあれこれを相談できる法律の専門家がいるので安心なのです。

遺言書を川越で作成すれば相続人や相続の指定ができます。そしてこの遺言書に書いている内容を指定することもできるのです。遺言書ではその他にも未成年後見人や子供がいればその認知を行なうことも可能です。大方は遺贈や相続のことになります。法律では遺産というものは基本的に配偶者とその子供に受け継がれるものです。何も相続の指定がなければ法律に則って分配が行なわれることになります。法定相続分とは異なった配分で行ないたい場合は遺言書で変更が可能になります。預金や不動産などを指定することもできますが、全体的な価値を含めて何分の一と設定することもできるのです。この遺言書の内容を執行する人としては未成年や過去破産した人以外なら誰でも良いといわれています。