移転価格税制や遺産相続などは税理士に相談|プロに聞こう!

弁護士

主張を明確にする

裁判

離婚といえば個人的なことでもあるのであまり周囲にも事情を漏らさないことが多いです。知らない間に知り合いがバツイチになっていた、ということもよくありますし、結婚や離婚はしようと思えば周囲に話をすることもなくできるものなのです。そのため弁護士に離婚調停を頼むということはあまり日本人には馴染みのないことだといえます。しかしアメリカでは当然の如く離婚の際にはお互い弁護士を立てて話合いをしますし、今日本でも弁護士に依頼して離婚を行なう人は増えてきました。そんな離婚調停を弁護士に頼むことが身近になってきた日本なので、もっと具体的に弁護士に頼むメリットについて知った方が良いのです。弁護士に離婚調停を頼むメリットをいくつかあげてみるとどのように世間の人々が利用しているのかがわかってきます。

離婚調停が裁判所に持ち込まれた場合は弁護士の力が十分に発揮されます。そこでは調停委員が存在するので、調停を有利に進めるためには調停委員の心証を良くしなければなりません。弁護士であれば裁判もしなれていますので、どのように調停を進めれば良いのかを教えてくれるのです。まずは主張をはっきりさせることです。言いたいことが明確にされていなければ裁判をどのように進めていくかの主導権を取ることができません。そして主張は離婚に関して必要なことに焦点を絞られていなければいけません。これらの注意は全て弁護士に相談しながら明確にすることができるので安心です。