移転価格税制や遺産相続などは税理士に相談|プロに聞こう!

弁護士

税制について理解する

ステーショナリー

移転価格税制について何か分からないことがあれば税理士に相談しましょう。その前に自社でもある程度はどんな制度なのかを把握していると安心です。簡単にインターネットでも調べることができるようになっているので移転価格税制について税理士を十分に活用できるようにする必要があります。海外に法人を所有している法人についてはこの移転価格税制はとても身近なものであり、法人税率と密接なかかわり合いがあります。国の間では当然取引価格が異なってきますので操作が必要になります。この課税について定めた税制が移転価格税制ということになるのです。国によっては制度が異なってきますので、法人税率も当然変わります。その場合、税率をできるだけ低くするために海外にある別法人への販売価格を低くするという操作をします。それを行なうことでグループ全体としての税率を低くすることができるのです。

法人は毎年莫大な税を国に納めていきます。必要な税は当然納めるべきで、それが社会全体の活性化にもつながっていきます。しかし、できるだけ税負担を少なくして売上を高くし、その結果社員の給料に還元していくことができるのであればこれほど良いことはありません。税について定めた法令などをよく見てみると、移転価格税制のような税制があるので、これを利用しない手はないのです。これを上手に活用するためには税理士の力を借りる必要があります。国際間の取引を適正に行なうことが大前提なので、算定方法やガイドラインを把握しながら対応していきましょう。